【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。
レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

 

まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。



【レーシック知識】100%失敗しないとは限りませんブログ:2019年01月16日

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
シェイプアップや食べ物のことが一日中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

シェイプアップって、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

シェイプアップも成功せず、
気分も暗くさせるシェイプアップの典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思ってシェイプアップを始めることってありますよね?

もちろん、シェイプアップに成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら恋人を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思ってシェイプアップをしている人がいるとします。

もちろんシェイプアップが上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
恋人がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
シェイプアップを失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
シェイプアップの失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然シェイプアップは成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

応援クリックしてね・・・プチ