【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません

【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません



【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:2015年02月09日


生身の人間ですから、
心もからだも元気な時もあれば、
すごく疲れていたり…と、誰にでも波があると思います。

そこで、すごく疲れているときでも、
ダイエットのために
「運動をサボるわけにはいかない!」と
頑張りすぎてしまうという方も少なくないのでは?

でも、すごく疲れている状態だと、
自律神経や内分泌系の働きが鈍くなっていたり、
からだを作る成長ホルモンの分泌量も
だいぶ少なくなっているみたいなんです。

からだそのものが、オーバーヒート寸前なんですね!

ここで無理に運動をしてしまうと、
数日間にわたって、ダイエットの成果を鈍くさせることもあるのです。
それは、からだにもっと負担を与えてしまうからです。

すごく疲れている時に運動しても、
いくら頑張っても、体脂肪の減り方が悪かったり、
からだが腫れて、逆に体重が増えたり…
これが2日も三日も続いたりすることがあったりします。

ダイエットのためにと思って頑張ったのに、
こんなしっぺ返しは本当に嫌になりますよね。

やっぱり、からだが元気だから、脂肪を燃やす力が増すわけで、
からだそのものがオーバーヒート寸前では、
結果が見えているようなものです。

ですから、すごく疲れている時は、リラックスを基本に、
好きなDVDを見たり、栄養をタップリ摂るのはもちろんのこと、
ご褒美程度に少しだけおかしをつまんで、
早く寝ることが一番!

こういうときの薬は、
心にもからだにも、「潤いを与える」ことだと思うんですよね。

からだが元気になれば、痩せる力もアップするはずなんです!

わたしは、こういったこまめなケアが、
ダイエットを早めることにつながる…と、思っています。

「からだを思いやるダイエット」で頑張りましょう!



【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません

【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません

★メニュー

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック知っているつもり