【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付

【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 あなたが加入をしている生命保険や医療保険などがレーシック手術の補償がされるかどうかをまずは確認しておきましょう。
保険会社の担当者やホームページの注意事項を確認し、対象となるかをチェックします。
生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります。
その場合には所定の内容に従って事前に手続きを行う必要があるので忘れないようにしましょう。

最近におきましては保障の対象外に指定をしている保険会社も多くありますので注意が必要です。
よくわからない場合には加入をしている保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう。




【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付ブログ:2018年08月04日

ミーは、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

11時もヒレかつ定食2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、トレーニング量が多かったので、
肉体もひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっとトレーニング量とご飯量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

トレーニングをやめたのに同じくらいのご飯量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

トレーニングしてる時に比べて、
腹だってそこまですいてないのに、
トレーニングしてる時と同じ感じでご飯をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、ミーは、
今の生活に合ったご飯を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべく肉体を動かすようにしました。

全くトレーニングせず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、10時肩凝り体操をやるだけでも違いますよ!

ミーは球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
日々、10時肩凝り体操をやっていました。

激しいトレーニングではないけれど、
全身を使い日々続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前トレーニングをやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
肉体を動かすことが嫌いなわけではないですよね!

トレーニングが嫌いでない人なら
減量だって成功しやすいはず!

少しのトレーニングと、ご飯バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!



【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付

【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付

★メニュー

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック知っているつもり