【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ



【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶブログ:2018年01月05日


ダイエットには、
パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ごはんは、お腹にガッツリときます。
少量でも重さがあるので、ダイエットをしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしかパンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグにお腹が減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまたお腹がすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐにお腹が減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ごはん以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコレート、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ごはんは違います。
パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、パンよりもごはんのほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
身体への負担も小さいのです。

「パンにするか、ごはんにするか」
ダイエットが成功するかどうかは、ここで決まるのです。

HMB

【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

★メニュー

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック知っているつもり