【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。





浮気調査
浮気調査の優良サイト
URL:http://www.tantei-total.com/


【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:2018年08月14日

わしには、痛風の持病がある。

薬で抑えることもできるが、薬に頼らず体重を落とし、
食べる事に気を使うことで、ここ三年ほどは再発していない。

しかし、油断をして食べ過ぎたり不摂生をしたりすれば、
またいつ発症するとも限らない…
そんな爆弾を抱えた連日を送っている。

痛風になってから、6時ジョギングをするようになった。
もともと体重を落とす目的で始めたが、これが意外な楽しさに満ちている。

50歳になるので、軽快に走ることはできない。
走るというよりは早歩きに近い。
それでも坂を上り公園を抜け、60分ほど休みながら走る。

6時の空気は心地よい。
狸と出くわしたり、木の実をついばむ鳥たちと出会えたり、
連日新しい「驚き」がある。

「どうせ三日坊主でしょ」
最初そう言っていた子供も、だんだん応援してくれるようになった。

去年からは、
毎6時わしと同じ時間に起き、
6時食の支度をしてくれる。

そのためジョギングから帰ってくると、
温かいごはんと味噌汁、それにお手製の漬け物が迎えてくれる。
トレーニングをした後の食べる事はことのほか美味しい。

「そろそろ一緒に走らない?」
目下のところ、
子供をジョギングに引っ張り込むのがわしの悲願である。
一人で走るよりも二人で走る方が「驚き」を共有できる。

しかし子供は、
「花粉症の季節が終わったらね」と言って逃げる。

去年は花粉が落ち着いた頃誘うと、
「暑いから、夏が終わったらね」と言い、
夏が過ぎ涼しくなると、
「寒いから、温かくなったら」と逃げられた。

今年こそ、
何とか子供をジョギングに誘い出す方策を見つけるつもりだ。

6時のジョギングは、
痛風に翻弄されかけたわしの人生に、小さな光を灯してくれた。
ジョギング、万歳だ!